これがファッションショー? 雄たけびあげるマッチョモデル、ホラー映画風、全面顔のワンピース…様変わりする4大コレクション

MSN産経ニュースWestロゴ

(以下、本文一部引用)

 やっと冬物の出番となったというのに、ファッション界のカレンダーはすでに半年先。世界4大コレクション(パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク)2014春夏が終了して1カ月以上が経った。来年のトレンド総括はまた別の機会に譲るとして、今回は各コレクションでインパクトが大きかったものを紹介したい。

まるでオール・ブラックス

まず、パリコレ。「リック・オウエンス」のショーで登場したのは、えらく“ガタイのいい”モデルたち。彼女たちは自分の体を打楽器のように打ち鳴らして激しいパフォーマンスを繰り広げる。まるで戦いを挑んでいるようにガンを飛ばし、雄たけびを上げるなど衝撃的な内容だ。ファッションショーというよりは、ラグビーのオール・ブラックス(ニュージーランド代表)が国際試合前に披露する民族舞踏「ハカ」を見ているようだ。

リック・オウエンスといえば、ダークな色調、美しいドレープ、シンプルで構築的なデザインが特徴。動きにくいイメージの強いタイトなレザーも異素材を用いて激しい動きも可能だということが、今回のコレクションを見れば明らかだ。足元のスニーカーは「アディダス」とのコラボレーションで、発売が待ち遠しい。

引用元 : MSN産経ニュースWest [元記事(続きを読む)]

======

「ひとこと!」世界4大コレクションでインパクトを与えるには、やはりぶっ飛ばないとダメですね!

ひとこと!でも十分!コメント待ってます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>