気になったので調べてみました!「引用」と「著作権」について[一部引用]

Wikipedia-logo-v2-ja

(以下、本文一部引用)

引用(いんよう、英語:citation, quotation[1])とは、広義には、他人の著作を自己の作品のなかで紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を自己の作品に取り入れること。報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録したり、ポストモダン建築で過去の様式を取り込んだりすることを指す。狭義には、各国の著作権法の引用の要件を満たして行われる合法な無断転載[2]のこと。

引用は権利者に無断で行われるもので、法(日本では著作権法第32条)で認められた合法な行為であり、権利者は引用を拒否することはできない[3]。権利者が拒否できるのは、著作権法の引用の要件を満たさない違法な無断転載等に限られる。

(中略)

日本法における著作物の引用[編集]

日本では、一定の条件を満たした「引用」は、権利者に無許可で行うことができる(32条)。これは著作権侵害にならない。

趣旨[編集]

人間の文化活動のなかでは、批評・批判や、自由な言論のために、公表された著作物を著作者・著作権者に断りなく用いる要請が生じることがある。狭義の引用は、その要請を満たすために用意された著作権の制限・無断利用の許容の規定である。言論の自由と著作権の保護とが調和するように適切と認められるための条件が定められている。

法の条文[編集]

32条(引用)
  1. 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
(中略)
48条(出所の明示)
  1. 次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。
    • 一 第32条〔・・・〕の規定により著作物を複製する場合
    • 二 〔略〕
    • 三 第32条の規定により著作物を複製以外の方法により利用する場合〔・・・〕において、その出所を明示する慣行があるとき。
  2. 前項の出所の明示に当たつては、これに伴い著作者名が明らかになる場合及び当該著作物が無名のものである場合を除き、当該著作物につき表示されている著作者名を示さなければならない。

引用元 : 「引用」(2013年7月13日 (土) 04:31 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』。 [元記事]

※引用NGの場合はコメントにて忠告をお願いします。

======

「ひとこと!」引用が著作権に引っかかる場合の条件は難しいですね。公表されていない著作物とはなんでしょう??このサイトを運営することで迷惑は掛けたくないので、引用がダメな場合はコメントで忠告お願いします!

FashionAct[ファッションアクト]OPEN!

ファッション系ニュースを中心に色々なことに「ひとこと!」モノ申す的なことを書いていきます。

途中で方向転換することもありそうだけど、頑張りますので、みなさま応援よろしくお願いします!

記事を書く前にWordPressの調整がたくさん。。

=====

「ひとこと!」WordPress悪戦苦闘中。。初心者へオススメサイトあれば、コメントお願いしますTT